タバコのヤニを除去可能な歯ブラシと歯磨き粉のおすすめ

綺麗な口元でいたいけど、タバコを吸うから全体的に黄色済んで見えるという人。きちんとポイントを押さえて、毎日のケアをすれば、ヤニを除去し元々の白い歯を取り戻すことができるでしょう。

今回はタバコのヤニの除去について説明したいと思います。

そもそもなぜヤニはつくのか?

要は歯の表面にベクレルというのがあるのですが、そこにタバコの成分であるタールが化学結合で結びつき、頑固な汚れとなるのです。

すぐに歯磨きをすればこの結合を除去しヤニを取ることができるのですが、なかなかそんなタイミングよく歯磨きをできないですよね?

半日から1日ぐらいで、ベクレルとタールが強く結合し、取れなくなってしまいます。

日頃からできるヤニケア対策

ではどのようにすればタバコのヤニをケアできるのでしょうか?ここまで述べたことを踏まえれば、タバコを吸ったらすぐ歯磨きをすればいいわけです。

はいもちろんこれは正解です。ただ現実的に毎回喫煙後に歯磨きをするのは難しいと思うので、以下の対策を取り入れてみてください。

ヤニ除去の歯磨き粉を使用する。

基本かもしれませんが、歯磨き粉を変えるのはありです。タバコのヤニに対して効果のある成分は、厚生労働省から発表されていて、それは以下の通りです。

  1. ポリリン酸ナトリウム
  2. ポリエチレングリコール
  3. ポリビニルピロリドン

なんだかとても発音しにくい成分名ですね。。

ま、そんなことはどうでもいいんですが、とりあえず、これらの成分のいずれかを含む歯磨き粉を選ぶようにするとよいです。

一応を紹介しておくと、「はははのは」にはポリリン酸ナトリウムが含まれているので、しっかりと厚生労働省が発表したホワイトニング成分が配合されていることがわかります。

研磨剤に注意する

歯の汚れを落とす研磨剤ですが、その研磨剤自身の硬さにも注意する必要があります。

要は、物理的に磨いて汚れ落としているので、歯自体も少なからず削れてしまっているということを忘れてはいけません。

研磨剤にも硬さランクがあり、なるべく柔らかい研磨剤を使っている歯磨き粉を選ぶようにするとよいです。

よく使われている二酸化ケイ素(シリカや無水ケイ酸と書かれている)には注意が必要です。かなり硬い研磨剤で、鉄を削るヤスリなどに使われているからです。

できればリン酸カルシウムや水酸化カルシウムなどの研磨剤が含まれているものにしましょう。これらは比較的コードが柔らかいので、歯に優しい研磨剤なのです。

電動歯ブラシおすすめ

ベクレルとヤニが結合することで、嫌なヤニの汚れとなってしまいます。べクリルごと除去することができればヤニ汚れも綺麗になります。

そこでおすすめしたいのは、電動歯ブラシ。電動歯ブラシの中でも回転式のものではなく音波式の歯ブラシがおすすめです。音波式ってなんだ磨けた気がしないのですが、きちんと磨けているので安心してください。

音波の振動により、ヤニ汚れに効果的にアプローチします。少し値段は高いのですがソニックケアのダイヤモンドクリーンなどは鉄板商品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする