知覚過敏の人にオススメの研磨剤不使用の歯磨き粉とは

知覚過敏の人におすすめの歯磨き粉とその選び方をまとめてみました。特に研磨剤不使用の歯磨き粉が良いようです。

なぜなら研磨剤は、その名前の通り汚れだけでなく歯自体も研磨してしまうからです。すると歯のエナメル質が剥がれてしまい、その中の神経細胞に刺激がいきやすくなってしまうからです。

ちなみに知覚過敏は歯茎の後退も一つの原因となるので、歯茎にも優しい成分を含んだ歯磨き粉を選ぶことが大切です。

でも研磨剤なしの歯磨き粉って、本当に汚れを落とす効果があるのでしょうか・・・?色々調べたところ、きちんと汚れを落とす効果はあります。

そもそも研磨剤アリと研磨剤なしの歯磨き粉では、汚れを落とすメカニズムが違うようです。

研磨剤入りの歯磨き粉の場合、物理的に磨いて削って落とすというメカニズムです。一方で研磨剤なしの歯磨き粉がなぜ汚れを落とす力があるかと言うと、化学反応で汚れを浮き上がらせる効果があるから。

じゃあ具体的にどのような歯磨き粉がオススメなのか?

と、その前に歯磨き粉を選ぶ際のポイント・選び方について説明したいと思います。

まず第一の条件として、研磨剤が含まれていないこと。そして次に知覚過敏に対して効果があるとされる成分が含まれていること。できればフッ素が入っていて虫歯予防・歯周病対策で歯茎のケアができることです。

これらを踏まえておすすめの商品は?

最もお勧めしたいのは、ライオンから発売されている「デントヘルスの薬用歯磨き歯槽膿漏トータルケア」という商品。

まあ、某有名サイトで一番推薦されていたというのも理由のひとつではありますが。。。とにかくおすすめする理由としては、上に上げた三つの条件がすべて満たされていること。

この歯磨き粉は研磨剤フリーで、イソプロピルメチルフェノールという成分が研磨剤の代わりに虫歯予防対策となります。こういった商品で知覚過敏対策だけに特化していて、虫歯に対するケアはイマイチという商品も多いのです。

でもこの商品は、きちんと虫歯もケアできるのがポイント。

そして、知覚過敏対策として含まれている成分が二つ。硝酸カリウムと硫酸アンモニウムという成分です。この二つの成分の役割は微妙に違うのようですが、ざっくり説明すると歯の表面のエナメル質を保護する役割があります。

知覚過敏対策の歯磨き粉は、どちらか一方の成分が含まれていることが多いです。しかしライオンのデントヘルスは、有効な成分が二つも含まれて、Wでケアができるので非常に良い商品ではないかと思います。

そして最後に、フッ素がきちんと含まれていること。やはりいろんなサイトを見る限り、虫歯対策としてはフッ素が最強です。デントヘルス歯槽膿漏トータルケアには、一般的に3種類あるフッ素の内、モノフルオロリン酸ナトリウムという成分が含まれています。

一見フッ素という名前がついていないので、初めてこの歯磨き粉を見たときは、フッ素が入っていない商品かと勘違いしていました。フッ素は3種類あるので、皆さんもお間違いのないように。

以下の3つです!

  • フッ化ナトリウム(NaF)
  • モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)
  • フッ化第一スズ(SnF2)

長くなったのでまとめると

ライオンのデントヘルス薬用歯磨き歯槽膿漏トータルケアはおすすめ。なぜなら、

  • 研磨剤不使用
  • 知覚過敏対策成分が2種類のダブル配合
  • フッ素配合で虫歯ケアも同時にできる

歯がしみて困っているなら是非試してみてほしい商品でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする